文化

    1: 2020/03/28(土) 15:45:29.59 ID:6S1eD+zM0
    さぁどうぞ

    2: 2020/03/28(土) 15:46:22.80 ID:tXezI2mS0
    曼陀羅って何のために作られたん?

    4: 2020/03/28(土) 15:46:45.14 ID:6S1eD+zM0
    仏の世界を視覚でもわかるようにやで

    【仏教マニアの俺がお前らの質問に応えるで】の続きを読む

    1: 2021/04/08(木) 21:11:31.25 ID:Qpd4XCKc0
    ワイ「初詣、墓参り、仏壇、神棚、葬式、結納、ひな祭り、鯉のぼり、恵方巻、祈願、お守り、御朱印…」
    これら一つも行わない、持ってないの?w

    2: 2021/04/08(木) 21:11:54.85 ID:0jCwSzaY0
    してない定期

    5: 2021/04/08(木) 21:12:05.47 ID:Cer7gLlR0
    最近はやってない家も多そう

    【日本人「私は無宗教です」ワイ「へぇーお盆」バカ「え?」】の続きを読む

    1: 2021/04/05(月) 11:56:06.02 ID:os7o1NMz0
    ●シペ・トテック(皮を剥がれたわれらの主)


    「シペの祭り(アステカ暦2月)」ではアステカ人は戦争で生け捕った捕虜たちの皮を剥ぎ、
    神官や戦士たちがそれをまとい、つぎの月までおよそ20日間着っぱなしにする。
    寝るときも脱いじゃいけない。体洗えるのはつぎの月になってから。

    皮を剥がれたあとの捕虜は、
    肉はトマトやトウガラシで煮込んでおいしく味付けしみんなで分配して食べた。
    骨は楽器や祭器に加工して使った。

    2: 2021/04/05(月) 11:56:29.20 ID:os7o1NMz0
    シウテクートリの祭り(アステカ暦10月)
    燃え盛る大きな炎のなかに縛った生贄たちをいっぺんに放り込む。
    かなり焼いた後、「息絶える寸前に」引っ張りだして、動いている心臓を胸を切開して取り出した。

    129: 2021/04/05(月) 12:14:28.69 ID:VQkCUGboM
    >>2
    動いてるならまだ生やんけ…

    【アステカ文明の生贄文化、ガチでグロすぎる】の続きを読む

    1: 2021/04/02(金) 00:19:42.70 ID:eqsJ+ISr0
    「十穀絶ちで体から余計な脂肪や水分をできる限りそぎ落としていますが、さらに余分なものを体から出すために真如海上人は塩と水だけを摂りながら47日間断食しました。それから、後に内臓が腐敗したり、虫がわくのを避けるために、人体には毒になる漆の樹液を飲みます。


    「地下3メートルぐらいのところに作った土留めの石の室に入るんです。石室のなかでは、座棺といって坐禅を組みながら入れる木の箱に入ります。箱の周りは木炭でみっしり埋め尽くされます。湿気を避け、臭いを取る効果もありますから。そして、入定した僧侶はひたすら読経します」
     石室には2本、節を抜いた大小の竹筒が通してあり、酸素を確保するとともに、弟子たちは太い竹筒から水を送る。細い竹筒には鈴が通してあり、毎日、決まった時間に弟子が鈴を鳴らすと、僧侶も鈴を鳴らして生存を伝える。そうして、土中からの反応がなくなると、弟子たちは師匠が成仏したことを知る。

    2: 2021/04/02(金) 00:20:08.15 ID:kqZAM3oY0
    解脱するぞ!

    6: 2021/04/02(金) 00:21:55.10 ID:YXnZI7Hu0
    ミイラ展で初めて見たわ

    10: 2021/04/02(金) 00:22:46.96 ID:0k0P6Rjdr
    死ぬのが修行なのかよ

    【「即身仏」とかいうガチで怖い修行wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2021/03/21(日) 04:33:06.42 ID:S5+O/PJz0
    あれいる?

    2: 2021/03/21(日) 04:33:38.76 ID:OKtp/PAT0
    へーボタン押したくなる

    3: 2021/03/21(日) 04:33:55.90 ID:Hv98lL3ka
    火葬職人の唯一の見せ場奪わないで

    4: 2021/03/21(日) 04:33:59.58 ID:+z80nrDS0
    あれがメイン

    【火葬後、「これが喉仏です」と紹介するコーナー、正直どう思う?】の続きを読む

    このページのトップヘ